読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

i remember nothing

文章の練習も兼ねています

最近読んだ本

雑記

服従

服従

地図と領土 (ちくま文庫)

地図と領土 (ちくま文庫)

ウェルベックにはまってる。現代において、死とは自由のもとで戦うことをやめることなのだろう。

インド夜想曲 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

インド夜想曲 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

東南アジア(というかインド)特有の熱っぽさ、不潔さ、トリップ感を楽しめる。幻想の直接的な表現でなく、状況の記述によって読者を幻想の中に引き込む力がある。

予告された殺人の記録 (新潮文庫)

予告された殺人の記録 (新潮文庫)

ガルシアマルケスはこれと娼婦〜、族長の秋くらいしか読んだことがないけどこれが一番好きかも。ガルシアマルケス特有のリアリズムの表現によって緻密に積み上げられたドミノが最後に綺麗に崩されていく様は圧巻。

名もなき人たちのテーブル

名もなき人たちのテーブル

イングリッシュ・ペイシェントという映画の原作者が書いた小説。これは良かった。あんまり言葉にできない。