読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

i remember nothing

文章の練習も兼ねています

3/23

インターネットをやり始めて10年以上、 プログラムを書き始めて6年ほど経つが、未だに世界中でネットワーク通信が行われており、ブラウザでウェブサイトが動いているということに実感がわかない。

プログラミングElixir独習 1-9章

第1章 Elixirは普遍的な状態を用いた関数プログラミングと並行性(concurrent)へのactorベースのアプローチをモダンな文法にラップしたもの 1.1 プログラミングではデータを隠蔽したいのではなく、変換したい。 私たちは仕事を済ませたいのであって、維持した…

3/22

今日は暖かかった。気圧は低く、頭は痛かったが。 おかげで体調もだいぶ良くなってきた。 ゴアテックスのズボン穿いたら暑かった。 体を鍛えてムキムキになりたい。

前職の思い出

ある同期にあまりに毎日陰湿で威圧的な態度を取られるため体調を崩し他の同期に相談していたところ、それを察したらしい張本人が 「こっちが把握してないところでこそこそやられるとヘイトたまるわ」 と言うようなことをツイートしていた。(当時は相互フォロ…

3/20

昨日酒を飲んで悪酔いしてしまい一日寝込んでいた。 普段はお酒をあまり飲まないのだが三連休にかまけて飲みすぎてしまった。反省。 気がくさくさしてるのて本でも読んで早く寝よう。

プロフェッショナルSSLTLS 第一章 SSL/TLSと暗号技術

クライアント通信ライブラリのデファクトで未だにTLS1.2対応していないものが活発に使われていたりする。大丈夫なのだろうか。 1.1 Transport Layer Security TLS はトランスポート層(OSI参照モデルの4層目)のセキュリティを担うもの セキュリティ以外の目標…

3/20

アドラーの嫌われる勇気を読んだ。これは単にアサーション理論の焼き直しをしただけで、ただアドラーは民衆に対する自分の売り方がうまいのだなという印象。ドラッガーに陶酔しアドラーに救われるのが現代風の生き方なのかもしれない。 最近朝七時に起きて仕…

ピクシーズのライブに行った

先週くらいの話になるが行った。 行く予定はなかったのだがひょんなことからチケットを手に入れることができた。 ピクシーズは doolitle, surfur & rosa などが好きで、最近の曲はほとんど聞いたことがなかったのだが楽しむことができた。 ボーカルはいいお…

2016年にたくさん聴いたアルバム群

effective c#を読んでいる

Unity5年ほどやってて今更感はあるけど読んでいる。 constよりreadonlyを使うとか、c#のcastはasを使うとか、イベントハンドラよりもオーバーライドを優先するほうが良いとか、なんとなく知ってはいるがなぜそういわれているのか(コンパイル時の挙動が原因…

ジャケ画をドットにするのにハマってる

最近なんとなくドット絵を描き始めた。

バトラーの「自分自身を説明すること」を読み始めた

今退職->次の業務までの空き期間なのでいろんな本を読んでいます。 自分自身を説明すること―倫理的暴力の批判 (暴力論叢書 3)作者: ジュディスバトラー,佐藤嘉幸,清水知子出版社/メーカー: 月曜社発売日: 2008/08/06メディア: 単行本購入: 12人 クリック: 87…

リクルートを9/30付で退職します

いろいろなことを天秤にかけて考えた結果、会社を辞めることにした。 新卒で入社してから半年しか経ってないのに辞めてしまうのはもったいないと思われるかもしれないが、もしこのまま会社に居続けてもいつか破滅してただろうし、辞めた結果破滅することにな…

次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?(柴崎友香)

読んだ。 https://www.amazon.co.jp/dp/4309407862/ref=cm_sw_r_cp_api_pcIOxbVRHGP8H 保坂和志の「小説の自由」で紹介されていた同作者の「きょうのできごと」を購入するついでに購入した。 表題作と、併録の「エブリバディ・ラブズ・サンシャイン」が収録…

GRAPEVINEの退屈の花と坂口安吾

はじめに GRAPEVINEのファーストアルバム、「退屈の花」がある。 邦楽のアルバムで五本の指に入るくらいにはお気に入りである。 高校時代、鳥取のワンマン運転の汽車の中で、部活の遠征帰りのバスの中で、大学に入っても、西池袋を意味もなくふらつきながら…

Generic Programmingことはじめ

はじめに この記事はHaskellなどの関数型言語におけるGeneric Programming が何なのかを知りたい人向けに書かれています。 ただ、この記事に出てくるコードは簡易的に書いてある擬似的な関数型言語なので、現状そのままでは実行できません。概念が理解できれ…

いまさらながら、ES2015に入門した

なぜ今更? 私は高校生の時からCSS恐怖症にかかっていて、フロントエンドを避けるエンジニアリングスタイルをとっていたのだが 最近趣味でhubot向けの npm のモジュール書いたり、 Webサイトを構築していて、このあたりの技術のキャッチアップをしないとまず…

Haskellの let と where

はじめに Haskell や OCaml などの言語を使っていると、let やwhereで関数内に関数や値を宣言することがあります。(OCamlにはwhereないですが) どちらも似たような役割を持っているので、どう違うねんとかどっち使えばいいねんみたいな疑問を持つ人もいるで…

尾道に旅行に行った

尾道に旅行に行った。 ここには数回行ったことがあり、今回はGWを利用して5年ぶりに尾道に向かった。 品川から新幹線で4時間、それから福山で山陽線に乗り15分。山陽線の車両は3両。座席はほぼ全席ボックスシートで回転して向きを変えることができる。 到着…

プログラミングを教えながらイカのゲームを作った

この記事は 学生エンジニア Advent Calendar 2015 - Adventar 24日目の記事です。 友人がとあるイカのゲームを欲しがっていたので、人に教えつつ一緒に(シミュレータを)作る事にした。 Processing 今回は、Unityなどのゲームフレームワークでなく敢えてProce…

最近読んだ本

服従作者: ミシェルウエルベック,佐藤優,大塚桃出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2015/09/11メディア: 単行本この商品を含むブログ (12件) を見る プラットフォーム (河出文庫)作者: ミシェルウエルベック,Michel Houellebecq,中村佳子出版社/メーカー:…

最近読んだ本

あなたのための物語 (ハヤカワ文庫JA)作者: 長谷 敏司出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2011/06/10メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 342回この商品を含むブログ (29件) を見る 死をテーマに描いたハードめのSF。無機質な表現と、女の人が苦しそうにしてい…

「歌謡シューゲイザー」というジャンル - おやすみA感覚/おしえてV感覚(溶けない名前)

「歌謡シューゲイザー」というジャンルがある。 今回はその「歌謡シューゲイザー」を提唱している、「溶けない名前」の1st/2ndEPを紹介する。 溶けない名前は2012年から名古屋を拠点に活動しているバンドである。死んだ僕の彼女、きのこ帝国などと共に現在の…

Luminous(The Horrors)

人に見せる文章を書くのは苦手で、このブログも3日坊主になりそうだった。 今回は The Horrors の4thアルバム、 "Luminous" を紹介する。 Luminousアーティスト: The Horrors出版社/メーカー: Hostess Entertainment発売日: 2014/05/06メディア: CDこの商品…

スリーアウトチェンジ(スーパーカー)

気の迷いで音楽CDレビューをちょこちょこ書くことにした。 1枚目をどのアーティストにしようかと言うところではなぜかあまり迷わなくて、やっぱスーパーカーだよな、と自然に考えていた。 なにせ自分の中学高校時代を大きく切り取っていったバンドの一つであ…